30代 JAZZ GUITAR/筋トレ/映画/日頃 を綴るBLOG 

30代 また夢を追いかけ始め、JAZZGUITARの練習日記を記し、体調管理 趣味興味などを綴ることにしました。

『ノルウェーの森』『国境の南、太陽の西』

人生に影響を与えた一冊

 

以前も伝えました

 

私の本を読むことの面白さが分かった

 

宮本輝 さんの 星々の悲しみ

 

です。

 

しかし以前記載した為、村上春樹さんの

ノルウェーの森』『国境の南、太陽の西

 

について記載します。

 

宮本輝 さんの 星々の悲しみを読んだ後

青春の3部作 を読み終え この2冊を読みました。

 

ノルウェーの森は 私がJAZZやクラシック、特にビートルズが好きなため

等身大の自分と重ねて影響や刺激を受け、憧れもあり

価値観 人生観の見本ともなりました。

 

ノルウェイの森〈上〉 (講談社文庫)

ノルウェイの森〈上〉 (講談社文庫)

 

 

国境の南、太陽の西 も主人公が大人になり

JAZZbarを経営する と言う点が影響されました。

 

国境の南、太陽の西 (講談社文庫)

国境の南、太陽の西 (講談社文庫)

 

 

どちらの作品も 恋愛 がテーマですが

そこに渦巻く人間ドラマ 嫉妬 妬み 性 愛

様々な感情が各年代で誰もが葛藤する内容であり

 

非常に面白い作品です。

 

さて どのように人生に影響を与えたかと言うと

 

これと言って具体的には出てこないですが

 

どちらの作品も主人公の人生観 生き方

(そんなに手本にするような生き方ではないかもしれませんが)

 

に憧れを持ち、ポイントポイントであのような

人間像でありたい と言うようなところだと思います。

 

まったく詳しく記載せずに申し訳ないです。

再度時間に余白が有る際に本文章はもっと煮詰めて

記載したいと思います。

 

こうして、読んだ本について記載しようとすると

自分の文章力の無さに落ち込みますが

 

これを向上する為にブログを行おうとしていると考えると

これも学びの一歩を歩んでいるのだなと思います。

他の方のこの2作品をどのように記載しているのかを

先ずは読んでみたいと思います。

 

 

ではでは